2018年01月28日

めんをすするのは、口のヤケドを防ぐ?効果

寒い日が続いています雪雪体調いかがですか。

こんな寒いに日には、熱い鍋物やめん類など

体の中から温まる食べ物がほしくなりますね。

 2018-1-25雪の名城.jpg


1月25日朝

名古屋城

(朝日新聞)




とくに、熱いめん類をフーフーして、ズル

ズルと、すすると美味しいですね。少し冷

めて、すすらずにめんを口に入れても、あまり美味

しく感じませんよね。

実は、このズルズル。口の中のヤケドを防

いでいるってこと、ご存知でしたか。


上あごをヤケドした経験ありませんか。

たいてい、べっろと皮がむけた状態で、

ヒリヒリ痛み、食べにくくなります。

ひどいと、水疱ができます。

zuruzuru2.png













カップ麺に沸騰した湯を注いでも、3分待つ

間に、75度以下になります。でも、そのま

ま口に入れば、やけどします。

でも私たちは、こうした場合ほとんどは、

ズルズルっとすすりますね。そのとき口は

「お」の形で、空気も同時に吸って、温度を

下げると共にできるだけ唇、歯や上あご、

舌に直に触れないようにしてすすり、さら

に唾液で温度を下げています。


すする強さも微妙で、弱いとめんは口に入

らず、強すぎると一気に喉に入り危険です。

つまり、すする操作がうまくないと、口の

中だけでなく、のどもヤケドします。


次回は、

もう少しお口のヤケドの話題を、続けます。


posted by NASADEC at 11:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: