2017年11月25日

お風呂の話題2 懐かしい煙突 

先回はお風呂で歯磨きの話題でした。

ところで、名古屋市内や近郊に、スーパー銭湯や

健康ランドなどが、増えてきました温泉


そういえば、昔は「銭湯」という公衆浴場が町のあち

こちにありましたが、いつのまにか姿を消しましたね。

とはいっても、現在も西区には、7軒あるようですよ。


この名塚付近にもかっては、確か”名塚温泉”といって、

庄内通駅のミスタードーナツの北側にありました・・・。

昭和50年代初めまであった記憶があります。


眠い(睡眠)立派な煙突もありました。木材を燃やして沸かしていた

時代でしたが、いつごろからか重油で沸かすようになると、

その役目は終わりました。今でも、当院から南に1Km位の

児玉町にある銭湯の裏には、懐かしい煙突が残っています。

もちろん、写真のように煙は出ていません。

 enntotu.png















銭湯とスーパー銭湯の違いを調べてみると、厚労省の分類で

「一般公衆浴場」と「その他の公衆浴場」の呼び方が異なり

後者では、サウナや露天風呂、ジャグジーがあったり、シャン

プー、リンスがあるなどでしょうか・・・・。


それにしても、今年は例年になく早く寒くなり、温かいお湯に

つかりたくなる季節になりましたね。





**

posted by NASADEC at 15:06| Comment(0) | 日記